MTⅢ  rirure  | Challenging the infinit possibility of metalwork
言葉遊びから生まれた新素材『』『』『』とは?
』のネーミングは、日本語発音の中で一番難易度が高いとされる「ラリルレロ」の中間を取り出した〝言葉遊び″『』『』『』から生まれました。 発音し辛いからこそ、一度聞いたら忘れられないネーミングになり、皆さんに愛され、親しまれる新素材になる事を目指して誕生しました。
その『』を冠にした『rirureプリント化粧鋼板』は、マンションやホテル、オフィス等の共用部壁面や床材、天井材の意匠に近似させる印刷技術を用いて、 本物の素材感を再現したプリント鋼板です。 その技術の源は、造幣印刷技術を鋼板印刷に応用したシルクスクリーン印刷製法であり、耐食性、耐候性、高硬度を誇る新素材です。 設計者、デザイナーが発想するフリーなデザインにも合わせることも可能で、現場塗装、現場シート貼り、現場クロス貼りに比較して、剥離、めくれ、破れ等の破損事故は 比較にならないレベルであり、職人手間、施工時間、メンテナンス等のトータルコストで見れば、大幅なコストダウンに直結する夢の新素材、新商品です。
FABRIC
HS014-AB1/004
HS024-AI1/004
HS025-AC1/004
FB021-AK1/003
HS012-AI1/004
HS018-AB1/004
HS018-AR1/004
HS018-AS1/004
WOOD
FB016-BC1/004
FB017-AC1/003
FD122-IC1/004
FS079-AC1/005
FS079-BC1/003
FS104-FC1/003
FS122-CI1/005
FS280-AI1/003
METAL
FB006-AG1/004
FE025-AC1/003
FE051-AK1/003
FE055-BD1/004
FE035-AK1/003
FS095-AC1/004
FS248-AV1/005
HK141-AW1/004
SPECIAL
HS014-AB1/004
HS024-AI1/004
HS025-AC1/004
FB021-AK1/003
HS012-AI1/004
HS018-AB1/004
HS018-AR1/004
HS018-AS1/004
rirureプリント化粧鋼板の特徴
意匠性
1.ユーザーが希望するデザインを鋼板で再現する
2.写真、アートの質感を高めて鋼板に加工する
3.色彩、模様、エンボス及び光沢処理の組合せによる豊かな表現力
4.凹凸ビード加工も多彩
機能性
1.インク、塗料、コーティング剤等による各種機能調整
2.フッ素コーティング加工による屋外仕様
3.素材(Base Metal)は鉄、アルミ、ステンレス、真鍮、合金の板材で製作可能
4.切断、穴明け、曲げ加工に於ける変色は超微量
環境性
1.火災時にダイオキシン等有毒ガスが発生しない
2.シックハウス症候群を抑え、室内の空気質を上げる
3.壁紙、PVCシート貼付部位に代用した場合、現場施工職人不要、施工時間大幅短縮、耐用年数延長により貼り替え等のメンテナンスコストが激減する
※廃棄物ゼロを実現すると同時にCO2削減にも貢献!!
リルレに関すること、MTⅢに関すること、その他お気軽にお問合せください。
お問合せ(建材ナビサイト)

Page Top▲